エレキギター「生音」で練習してもいい?アンプのうるさい、面倒の両方を解決「WAZA-AIR」を使っている感想

WAZA-AIRの感想アイキャッチ画像Guitar
スポンサーリンク

ギターを練習するとき、アンプやエフェクターにつなぐのはちょっと面倒ですよね。

例えば、ギター→シールド→エフェクター→シールド→アンプ。

エフェクターとアンプはそれぞれ電源につなぐ。

音源も流したいときは、更にアンプからスマホをつなぐ。

つないだだけではなく、音量や音質の調整も必要です。

また、「アンプにつなぐのは面倒」ということの他にもう一つ、「アンプにつなぐと大きい音が出る」という問題があります。

家族が家にいる時は、なかなかアンプから音を出して弾く練習ができません。

ギターとエフェクター、アンプが置いてある部屋に立っている人

ところで、エレキギターはアンプにつながなくても音が出ます。

その「生音」は、アコギよりだいぶ静かですが、しっかり聴こえるので、十分弾くことができます。

お手軽で、騒音を出さない「生音練習」は、時間がない人、大きい音を出せない人に便利です。

しかし、いつも生音で練習していてもいいのでしょうか

この記事では、長い間生音練習をしてきた私の経験をもとに、「生音で練習しているとどうなるか?」についてお伝えします。

また、「手軽に騒音を出さずにアンプ練習ができる方法」、具体的には「WAZA-AIRを1年以上使っている感想」についてもお話しします。

  • ギターをアンプにつなぐのが面倒な方
  • アンプの騒音が気になる方
  • いつも生音で練習している方
  • WAZA-AIRを実際に使っている感想について知りたい方

に読んでいただけたらうれしいです。

スポンサーリンク

ギターをアンプにつなぐのは面倒、そしてうるさい

「アンプにつなぐのが面倒」「騒音が気になる」という理由で、私は長年、アンプをつながない「生音」で練習していました。

生音でもちゃんと音は聴こえるし、普通に弾けます。

そして、スキマ時間にすぐ練習を始められるので、お手軽です。

そもそも、家族がいると大きい音を出していられません。

アンプにつないで弾くのは、たまに「ひとりの時間が1時間以上できた時」限定で、月1、2回くらいでした。

指輪をしてギターのコードを押さえている人の手
スポンサーリンク

アンプが面倒、うるさい:いつも生音で練習していると、どうなる?

生音での練習がよくない、ということは何となく感じていました。

なぜなら、たまにアンプにつないだ時、あまりにも「へたくそ」だからです。

音が汚すぎです。

しばらく生音でしか練習できないまま、スタジオでバンド練習があった時は、私の出す音がひどくて、メンバーに申しわけない気分になりました。

生音で自分が聴こえるように弾こうとすると、つい強く弾きすぎてしまうようです。

ブリッジミュートなども、自分ではちゃんとやっているつもりでも、アンプにつなぐと、全然できていないことがわかります

カッティングなどの加減も全然違います。

私にとっては、生音での強めの弾き方が当たり前になってしまい、完全に悪い癖がついてしまっていました。

スポンサーリンク

アンプが面倒、うるさい:家族在宅で更に使いづらい

そんな時、別の問題が発生しました。

「家族の在宅問題」です。

世の中が変わり、在宅勤務、オンライン授業などで、常時だれかが家にいるようになりました。

騒音の関係で、ただでさえ少なかったアンプを使って音を出せるタイミングが、完全にゼロになってしまいました。

≫家族の目が気になってギターの練習ができない方へ

さすがにこれはまずい、と思い、せめてヘッドホンを買おうと思いました。

更につなぐものが増えて、ますます面倒になりますが。

そこで、ギター仲間に相談したところ、紹介してもらったのが、このヘッドホンです。

アンプの面倒、うるさいを両方解決!ヘッドホンギターアンプ「BOSS WAZA-AIR」

「WAZA-AIR」

このヘッドホンが、私のギター人生を変える、大きなきっかけとなりました!

ヘッドホンといっても、正確には、「ワイヤレス・ヘッドホンギターアンプ」というものです。

ヘッドホンとトランスミッター

私が想像していたヘッドホンとは全然違いました。

トランスミッター(写真の、小さい方)を穴に差してギターを弾くと、ヘッドホンから、アンプを通した音が聴こえるんです。

しかも、とってもいい音!

ほんとびっくりです!

ギター、トランスミッター、ヘッドホンで完結。

アンプやシールドやエフェクターは使いません。

電源も要りません(充電して使います)。

わずらわしいコード類がゼロ。

だから、準備がとってもラクなんです!

  1. ギターを持つ
  2. トランスミッターを差す
  3. ヘッドホンを装着する

以上!一瞬で弾き始められます。

エフェクトがたくさんあり、音をいろいろ調節することができます(スマホでやります)。

セットした音は、6種類まで保存できて、ヘッドホンのスイッチで簡単に切り替えられます。

演奏環境も変えられ、例えば「後ろのアンプから聴こえてくるようなステージモード」などもできます。

ヘッドホンをつけて窓から外を見ている女性

もちろん、ヘッドホンなので、周りには生音しか聴こえません。

アンプを通した音で練習することにより、自然にそれにふさわしい弾き方になり、私の場合、発する生音自体も小さくなりました。

家族にも騒音で迷惑をかけません。

更に、スマホやウォークマンの音源も、Bluetoothによって、一緒にヘッドホンから聴こえるようにできるのも素晴らしいです。

音源に合わせて弾いていると、まさにスタジオでセッションをしているような、またはライブでステージにいるような気分になれます!

≫ WAZA-AIR をイケベ楽器で見る

アンプの面倒、うるさいが完全に解決、WAZA-AIRを1年以上使っている感想

アンプにつなぎたいけれど、「めんどくさい」「騒音が気になる」、このふたつの問題を同時に解決してくれた「WAZA-AIR」は、もうなくてはならないものになりました。

家族がいても練習ができて、一瞬で練習にとりかかれて、しかも、いつまでも弾いていたいくらい良い音。

練習がすごくはかどります。

まさに、「幸せな練習時間」を作ります。

使い始めてから、自分でもわかるくらい上達しました

今まで上達が遅かった分、取り戻したかもしれません⁉

ギター歴10年でも、こんなに変われるなんて、うれしいです。

WAZA-AIRを使うようになってからギターが上達したことにつきましては、こちらの記事でもご紹介しておりますので、よろしければご覧ください。

この「WAZA-AIR」の唯一の問題点は、「値段が高い」ということです。

でも、これだけ練習がはかどり、上達を実感させてくれるものは、他にあまりないような気がします。

私はもう元を取りました。

生音ばかりで練習をして伸び悩んでいる方や、アンプを使っているけれど「めんどくさい」「騒音が気になる」と感じている方は、ぜひ試してみてくださいね。

上達を加速させ、楽しいギターライフを送りましょう!

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました