40代、50代、60代、70代…大人からギターを始めたい男性、女性の方へ。ギターを始められる年齢何歳まで?始め方

ギターを始めたい大人の方へアイキャッチ画像Guitar
スポンサーリンク

「ギターを始めてみたいけれど、もう若くないし、できるか自信がない」

「おやじバンドの人たちは昔からやっている人ばかりだから、今さら入れない」

「周りからどう思われるか不安」

などなど、ギターに興味はあるけれど、一歩を踏み出せない、という方はいらっしゃいませんか?

この記事では、大人になってからギターを始めた私が、今までどんな様子だったか、困ったことはなかったか、など、ギターの「大人初心者事情」についてお伝えします。

そして、大人になってから始める場合の、無理のない始め方、楽しみ方についてもお話しします。

  • ギターを始めたい大人の方
  • ギターに興味はあるけれど、年齢が気になる方
  • 新しいことを始める自信のない方
  • 何歳までならギターを始められるか知りたい方

に読んでいただけたらうれしいです。

観葉植物の鉢が並べられた前に置いてあるギター
スポンサーリンク

大人になってからギターを始めることについての疑問

はじめに、大人になってからギターに興味を持った方や、始めようか迷っている方が持つ疑問や心配についてお話します。

ギターを始める年齢、何歳までなら大丈夫?

まず、ギターを始める年齢についてです。

いったい、何歳までなら始められるのでしょうか?

結論から言うと、「何歳でもOK」です。

私は43歳で始めました。

今まで、ギター教室や音楽サークル、ライブなどでたくさんのギタリストと出会ってきましたが、もっと高齢になってから始めた人もたくさんいます。

70代のおじさんも、どんどん上達して、活き活きと音楽活動を楽しんでいます。

年齢は全く気にしなくていいです。

「今」始めるのがおすすめです。

私は、43歳でギターを始めた当時は、「もう若くないし」と思っていましたが、今考えると「40代はアイドル」です(笑)。

50代の今も、将来の自分から見れば若者です。

同じように、60代でも70代でも80代でも、「今」がいちばん若いです。

「今がいちばん若いから」という理由と同時に、「早く始めれば楽しい時間が長くなる」という理由で、「今」始めることをおすすめします。

記憶力、覚えが悪いけれど、ギター始められる?

若い頃と比べて、確かに記憶力は衰えています。

でも、繰り返すことでそれはカバーできます。

一発で覚える必要はありません。

むしろ、繰り返し練習すること自体が、記憶の定着にも上達にも脳トレにも、よい影響を与えます

弾き方や曲など、新しいことを覚えていくステップそのものが、幸せな記憶力強化活動なのです。

私も、ずいぶん覚え方がうまくなりました。

新しいことを覚える時は、脳を使っているなあという感じがします。

ギターの習得という活動が、記憶力、判断力、忍耐力などいろいろな力を鍛えて、他の生活にも役立っています

手先が器用でないけれど、ギター弾ける?

はい、器用でなくても大丈夫です。

私、メチャクチャ不器用です(笑)。

子供の頃、図工の作品を家に持ち帰ると、いつも妹に爆笑されていました(不器用なこと以外にも問題があったかもしれません)。

もちろん、器用であるに越したことはないのですが、別にプロになるわけではないので、何ら問題ありません。

不器用でも十分楽しめます

むしろ、指を使うので、少し器用になります

技術的なことに関しては、いろいろな悩みに答えてくれる動画がいっぱいあります。

私も、他の記事で、不器用な人の立場から考えた「弾きやすいピック」などをご紹介しています。

老眼だけど、ギター弾ける?

老眼でも大丈夫です

ギターはあまり細かく見ながら弾くものではありません。

姿勢をよくして、時々チラッと確認しながら弾くのがかっこいいです。

目とギターの距離も、割と離れています。

譜面を見る時も、スマホやタブレット上で大きくしたり、いろいろ工夫できます。

開いた本の上に置かれている眼鏡

ギターを始めると、周りに何か言われないか心配

全く気にする必要はありません!

私はむしろ、「年甲斐もなく」と言われたい(笑)。

活き活きと楽しんでいる大人、最高です

もちろん、騒音を出し続けたり、仕事そっちのけでやるのはダメですよ。

迷惑をかけない範囲で、楽しんだもの勝ちです。


スポンサーリンク

大人になってからギターを始めるメリット

大人になってからギターを始めるメリットも、たくさんあります。

自分でお金の使い方を選び、好きな方法で学べる

自分で稼いだお金、有効に使いたいですね。

大人になると、ギターや譜面を買ったり、習ったり、ライブに出たりなど、自分の判断でお金の使い方を選べます

また、自分で払ったお金だから、無駄にしたくない、ちゃんと活用しよう、という気持ちが働きます。

それが上達することや楽しむことにつながっていきます。

覚え方、楽しみ方…大人は工夫できる

若い頃より記憶力は少し衰えたかもしれませんが、大人の私たちは、いろいろな経験から学んでいるので、工夫できます

時間の大切さもわかっています

どうしたらもっと楽しく、もっと効率的に、などと考える力は、若い頃よりかなり進歩しているはずです。

工夫していくこと自体を楽しめます。

今は情報が簡単に手に入る時代…効率的に楽しく学べる

昔からは信じられないくらい便利な時代になりました。

いろんな情報が簡単に手に入ります。

ネットで多くの譜面が見られます。

技術を学べる動画、モチベーションを上げる動画がたくさんあります

ネット上には、優秀な先生や先輩がたくさんいて、ギターを習得する上での悩みや疑問点は、手軽に解決できるようになりました。

スマホを手に持ってノートパソコンの前に座っている男性

こんな時代にギターを始められるのは、ラッキーです。

私も、ずっと前にギターを始めた年下のギタリストたちにうらやましがられます。

「昔は、楽器屋さんにいろいろ質問しに行った」「ギター雑誌の特集を待って、それで学んだ」「実際弾いている人に会いに行って、それを見て真似した」などの苦労話をたくさん聞きます。

20歳も年下のギターの先輩たちから、「今どきの若いもんは!」と言われているようで、ニヤニヤしてしまいます。

せっかくのこの便利な環境、活用しない手はありませんね!

音楽仲間、初心者仲間…いろいろな人と交流できる

同じ時期にギターを始めた人はもちろん、他の楽器でも、他の趣味でも、「初心者」という共通点の上で、気持ちを分かち合えます。

更に、音楽活動を通じて、いろんな年齢層、いろんな職業の人と遊べるようになります。

実生活でも、SNSでも、年齢、性別、職業を超えて、楽しい経験を共有することができ、人生がさらに面白くなります。

大人の音楽活動ならではの楽しみ方ですね。

カラフルな絵とその横に立てかけられているピンクのエレキギター

結局、大人になってからギターを始めても、何も困ることはなく、むしろ楽しいことをたくさん経験できます

迷っている方は、ぜひ今始めましょう。

スポンサーリンク

大人のギターの始め方、ギター教室のすすめ

では、具体的にどうやって始めたらいいのでしょうか?

私は、「ギター教室」に通うことをおすすめします。

ギター教室には、いろんな年齢層の男性、女性が通っています。

ギターは弾けるようになるまでも楽しいのですが、弾ける状態になるとますます楽しいです。

ギター教室に通うと、独学より早く、効率的に上達し、挫折も少ないです。

ギター教室に通うメリットはたくさんありすぎるので、別の記事でお伝えしています。

まずは、気軽に「体験」に行ってみましょう

ギターを貸してくれて、手ぶらで行ける教室もたくさんあります。

「体験」の前に迷っていても、何もわからず、時間がどんどん過ぎていきます。

行ってみるとどんなものかわかります。

合わなければ別のところに行けばいいだけです。

「もう自分で練習していけるな」となったら、半年とか1年でやめてもいいのです。

気楽に考えて、とりあえず「体験」に申し込んでしまいましょう!

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました