ギター初心者「習う」のと「独学」どっちがいい?

ギター習うvs独学アイキャッチ画像Guitar
スポンサーリンク

ギターを始める時、考えることのひとつが、「習うか、独学でやるか」です。

習いに行くというのは、スクールを調べたり、その時間を空けたり、ひとつハードルがあり、お金もかかります。

今はネット上にたくさん良い先生がいるので、独学でもできそうですよね。

実際、独学だけで、すごく上達している方もたくさんいます。

しかし私は、短い期間でも、ギター教室に行って「習う」ことをおすすめします。

独学より上達が早く(自分比)、練習習慣がつき、モチベーションも保てて、挫折しづらいからです。

この記事では、ギター教室に通った自分の経験をもとに、ギターを習得する上で、「独学」より「習う」ほうがよい理由を具体的に説明します。

そして、ギター教室がどんなところなのかについてもお伝えします。

  • ギターを始めたばかりの方
  • これから始めようと思っている方
  • 独学か習うかで迷っている方

に読んでいただけたらうれしいです。

スポンサーリンク

ギターを習う方がいい理由

まず、独学よりもギター教室で習う方がいい理由についてお伝えします。

ギターを習うほうがいい理由1:直接指導を受けられる

今は便利な時代、知りたい情報は、検索すれば、簡単に手に入ります。

ユーチューブ上にはいくらでもよい先生がいて、わかりやすい講義をしてくれます。

しかし、ユーチューブ上の先生方は、「あなたが今弾いているその状態」を添削してはくれません。

実技系の趣味では、「実際に見てもらう」ことがとても大事であり、それが上達のカギになります

ギター教室では、あなたが弾いている状態を、その場で先生に直接見てもらい、それに対して具体的な指導を受けることができます。

ひとりひとりに合った直接指導で、効率的に上達していけます。

  • 自分が弾くのを直接見てもらう
  • 先生の説明を受けて、見本を見せてもらう
  • そしてまた、自分が弾くのを見てもらう

このやり取りの繰り返しが、技術の習得を加速させます。

座ってエレキギターを弾いている人

ギターを習うほうがいい理由2:疑問の早期解決ー聞いた方が早い

初心者の頃は特に、疑問だらけです。

「この部分の弾き方、これで合っているか?」「このフレーズはどうやって弾くか?」「この記号はどうやって弾くのか?」などなど、細かい疑問が次々に出てきます。

ネットで調べたら答えが見つかるものもありますが、見つからないものもあります。

答えが見つかっても、言っている意味が理解できないものもあります。

ユーチューブの再生マークが表示されているスマホ

「聞いた方が早い」です。

先生はわかるように教えてくれます。

また、音系の疑問は、検索キーワードが入れづらいものもあります。

「このニョロッとした記号は何?」「ボーン!って音、どうやって出すの?」など、調べにくいものがたくさんあります。

やはり、「聞いた方が早い」です。

実際、先生は、あなたのレベルで出そうな疑問について、あらかじめ教えてくれることが多いです。

あなたが初めて出合う弾き方、記号などについて、わかりやすく説明し、見本を見せてくれます。

わからないことがあって練習が止まったり、やる気がなくなったりすることは、よくあることです。

先生に質問することにより、素早い疑問解決ができ、練習も止まらず、やる気も維持できます

ギターを習うほうがいい理由3:適切な宿題をもらえるー練習習慣がつく

音楽系の習い事では、たいてい宿題が出ます。

家での練習が必須なのです。

「来週まで、この曲を練習してきてください」という感じです。

もちろんあなたのレベルに合った宿題です。

宿題となると、やはり「やらなきゃ」という気持ちが働き、必然的に練習することになります。

自然に「練習習慣」がつきます

ベッドの上に置かれているギターと楽譜

宿題なんかなくても、一生懸命できるよ、という人もいるかもしれません。

しかし、その状態をずーっと続けるのは、大変なことです。

いくらでもサボれますから。

「レッスンに通い、宿題をもらって、次のレッスンまでに仕上げる」というリズムを繰り返しながら、上達していきます。

このリズムを自分ひとりで作り、継続していくのは、日々忙しい大人には、すごく大変。

強い意志がないとやっていけません。

ギター教室に通い、宿題をもらうことで、自然によいペースが作れ、練習を継続することができます

≫私がギター教室で最初にもらった宿題(課題曲)

ギターを習うほうがいい理由4:先生に演奏を聴いてもらえる

初心者の頃は、自分の演奏を誰かに聴いてもらえる機会は、ほぼありません。

自分で聴くだけです。

しかし、ギター教室では、先生があなたの演奏、がんばった成果を、一生懸命見て、聴いてくれます。

これがあるのとないのとでは、大違いです。

誰かに聴いてもらえる、というだけで、モチベーションが大幅にアップします。

しかも、その「誰か」が、ギターのプロですから。

練習して、少しでもうまく弾きたい、という気持ちになりますね。

座ってエレキギターを弾いている人

更に、あなたの演奏に対して感想をもらえ、もっと良くなるように指導してもらえます。

そして、ほめてもらえます

大人だって、ほめられるのはうれしい!

むしろ、ほめられる機会が少ない大人だからこそ、うれしい!

またやる気が出ます。

ギターを習うほうがいい理由5:先生の一流の演奏が聴ける

先生の見本演奏、最高にかっこいいです。

目の前で聴けるなんて、とても贅沢です。

少しでもマネしたい、と思います。

こんなこともできるんだ、という発見もあります。

当然やる気が上がります。

ギターを習うほうがいい理由6:音楽仲間との出会いがある

ギターを始めたばかりの頃は、ギター仲間があまりいないことが多いです。

ギター教室では、先生はもちろん、スタッフさんや他の生徒さんに会うことができます

意外といろんな年齢層の人が習いに来ているんだなー、ということがわかります。

友達とバンドをやりたい学生、学園祭で毎年演奏している高校の先生、演歌の弾き語りおじさんなどなど、いろんな人と、年齢や立場を超えて知り合えるのは、楽しいことです。

私も初心者の頃、スクールで出会った人たちと話すたびに「ギタリスト」気分になれて、うれしかったのを覚えています。

≫ギターを始める年齢、何歳まで大丈夫?

以上、ギター教室で習うことのメリットをお伝えしました。


スポンサーリンク

ギター教室ってどんなところ?

ここからは、ギター教室について出そうな一般的な疑問について、私の体験をもとに、お話ししていきます。

もちろん、細かい内容はスクールによって違うので、具体的なことは、各スクールのホームページをチェックしてくださいね。

ギター教室の疑問1:雰囲気怖くない?場違いじゃない?

実は私も体験に行く前、「自分が行って、場違いじゃないかな?」と考えました。

怖そうなロックのお兄ちゃんたちが、たばこを吸いながら、「おばちゃん、何しに来たの?」みたいな雰囲気だったら、どうしよう、と。

でも、全然違いました。

小学生もいるし、若いアコギ女子もいるし、高齢の方もいるし。

いろいろな人が通いやすい、明るい雰囲気の場でした。

考えてみれば、怖いロックのお兄ちゃんとか、時代が違いましたかね?(笑)

もちろん、スクールによって「どんな年齢層の生徒さんが多いか」などは違うので、ホームページをチェックしましょう。

雰囲気も少し想像がつきます。

もちろん、実際、体験に行ってみて、「違うな」と思うこともあるかもしれません。

でも、その場合は、スクールを変えればいいだけです。

ギター教室の疑問2:ギターを持っていかないといけない?

スクールで貸してくれるところが多いです。

ホームページを見ると、貸してくれるか、無料か有料か、などがわかります。

私はいつも手ぶらで通い、スクールのギターを借りていました。

そのあとダンススクールに行っていたので、大きな荷物がないのは好都合でした。

ギターを貸してもらえると、出かける前に寄ったり、会社帰りに通ったりもしやすいですね。

少しでもラクに通えると続けやすいです。

壁に掛けられているたくさんのギター

ギター教室の疑問3:個人レッスンか、グループレッスンか?

個人レッスンをおすすめします

自分のレベルに合った指導が受けられます。

自分ひとりの弾き方を見てもらい、自分ひとりの音を聴いてもらうことができます。

グループレッスンでは、他の人の演奏も聴けますが、その分一人当たりの弾ける時間、指導してもらう時間が限られてしまいます。

また、自分だけ進んでいるとレッスンがじれったくなり、自分だけ遅れていると面白くありません。

個人レッスンの場合、都合が悪い時など、振替レッスンをしてもらえることも多く、レッスンが無駄になりません。

また、好みの教材、好きな曲でレッスンを受けられることも多いです。

ギター教室の疑問4:教材、テキストはどんなの?

一般に、テキストの順番に従って進んでいくピアノと違って、ギターはその都度教材(曲)を選んでいくことが多いようです。

私の場合も、1曲終わると「次なにやる?」みたいな感じでした。

特に、曲をすでにいっぱい知っていて、好みもハッキリしている大人は、「好きな曲」をやらせてもらえることが多いです。

もちろん、難易度が高い曲は後で、ということになりますが、初めはコードだけ弾くとか、できる範囲でやらせてもらえたりします。

「文化祭でこの曲をやりたい」「結婚式でこの曲を弾き語りしたい」など、目的を持ってピンポイントで習う人も、けっこういます。

もちろん、曲ばかりでなく、音楽理論やアドリブなど、いろんなことを教えてもらえます

また、スクールによっては、しっかりとしたカリキュラムが決まっているところもあります。

目的に応じて、スクールを選びましょう。

ギター教室の疑問5:レッスン料金、月謝は高い?

レッスン料金は高いです。

特に個人レッスンはかなり高くなります(私の場合は、1レッスン45分で4000~5000円位)。

でも、その分上達は早いし、楽しいです。

ひとりで練習していてなかなか弾けるようにならないと、おもしろくありません。

挫折するかもしれません。

弾けるようになると、また練習したくなる、といういい循環に入れます。

レッスン料金は高いですが、せめてその「弾けるようになって、また練習したくなる」という循環に入るまでは続けたいものです。

まじめにやれば、1年もかからないと思います。

ギター教室の疑問6:レッスンの頻度はどのくらいがいい?

週1とか週2とか、月1とか月2とか、毎回予約のチケット制とか、スクールによっていろいろなシステムがあります。

初めは、あまり間隔が空きすぎない頻度でレッスンを受けるのがいいです。

具体的には「週1」がおすすめです。

せっかくやる気になって始めたのに、レッスンの間隔が空くと、気持ちがだらけてしまいます。

もったいないです。

宿題が出ても、「まだ先だから、来週から始めればいいか」などという、先延ばしの気持ちが起こりかねません。

もちろん忙しすぎる時に無理はしなくていいのですが、先延ばしを当たり前にしないでほしいのです。

宿題が出たらすぐに取りかかり、自分なりにベストを尽くして次のレッスンに臨む、という、よい習慣ができたら最高です。

と言うと大変そうに聞こえるかもしれませんが、宿題は先生との相談の上決めるので、無理のない範囲で出るはずです。

宿題をしっかり仕上げていると、レッスンが楽しみになります。

宿題を仕上げるのに1週間くらいかけるのが、ちょうどいいと思います。

それより長いとだらけたり、スクールに行くのがおっくうになったりします。

また、それより短いと、宿題が間に合わず、スクールに「行くだけ」になってしまいます。

もちろん、仕事やほかの生活の都合もあるので、自分が無理なく続けられるよい間隔、レッスンの頻度を選んでくださいね。

ギター教室の疑問7:いつまで、どれくらいの期間通えばいい?

最低でも半年、できれば1年、気に入ればいつまでも、です。

弾けるようになれば、自分から練習したくなります。

練習の仕方、「何をやればいいか」ということも自分でわかります。

ユーチューブなどを参考に、どんどん進めていけるようになります。

そうなれば、スクールに通わなくても、ギターを続けることができます。

その状態になるまで、個人差はありますが、まじめにやれば1年かからないと思います。

早いと半年でもう大丈夫になる人もいます。

私の場合は、初め「ギターのやり方がわかれば、すぐスクールはやめよう」というつもりで入会しました。

ところが、始めてみたらおもしろくてついズルズルと(笑)。

他に弾く機会がなかった、という理由もありました。

スクールをやめたら、もう弾かなくなるんじゃないか?ということもあって、気づいたら7年くらい在籍していました。

最後の方は月1の頻度でしたが。

実際、スクールには、10年超えの生徒さんもたくさんいました。

ギターは奥深いです。

いくらでも学ぶことはあります。

なので、楽しければ、そして時間とお金が許せば、ぜひ、いつまでも通っていただきたいと思います。

スクールをやめた後、弾かなくなるのは、とても残念でもったいないことなので、できれば、音楽サークルでもバンド活動でも動画投稿でも、弾く機会を得てからやめることをおすすめします。

ステージで演奏しているバンド

私は音楽サークルに入って定期的にギターを弾く場ができたので、ギター教室を卒業しました。

音楽サークルについては別の記事でご紹介しておりますので、興味がある方はご覧ください。

スポンサーリンク

ギター教室で体験レッスンを受けてみましょう!

ギター教室に通う自分、素敵だと思いませんか?

「新しい世界で、新しい自分が、新しいことをする」とても新鮮な気分です。

まずはお近くのギター教室を検索し、気軽に体験に行ってみましょう!

タイトルとURLをコピーしました