ギター初心者の選曲。最初の曲、練習曲に「空も飛べるはず」がおすすめな理由

最初に弾く曲おすすめアイキャッチ画像Guitar
スポンサーリンク

ギターを始める理由は人それぞれです。

「この曲を弾きたい」「このアーティストに憧れている」など、具体的な曲やジャンルやアーティストが決まっている場合もありますし、「何となく楽しそう」と始める場合もあります。

ところで、やりたい曲がある場合もない場合も、初めから難しい曲に手を付けてしまうと、全然できないし、さっぱり進まず、いやになったりします

初めは易しい曲を選ぶことが大事です。

かといって、どの曲が初心者にふさわしいかは、聴いただけでは、または譜面を見ただけではわからないことがほとんどです。

私はギターを始めたばかりの人には、練習曲として、スピッツの「空も飛べるはず」を弾くことをおすすめします。

「最初に練習する曲」にしてもいいです。

この記事では、「空も飛べるはず」がなぜ「初心者の練習曲」、「最初に練習する曲」にふさわしいのか、そして具体的にどこを弾いたらよいかについてお伝えします。

  • ギター初心者の方
  • 練習曲を探している方

に読んでいただけたらうれしいです。

スポンサーリンク

初心者がいきなり曲を弾いてもいい?

ギターの始め方、練習の進め方は人それぞれです。

基礎練習から入る人もいるし、曲から入る人もいるし、並行してやる人もいます。

私が通ったギター教室では、曲をやりながら、初めて出てくる技術や理論を少しずつ学んでいくパターンでした。

曲を練習するとやはり楽しく、1曲、2曲…と弾けるようになった成果が実感できるので、続けやすくなります。

結局、初日からいきなり曲を練習してもいいということです(基礎から入るのでも、どちらでもOK)。

スポンサーリンク

私も1曲目はスピッツの「空も飛べるはず」

私もギターで初めてやった課題が「空も飛べるはず」でした。

ギター教室の初日に出された課題が「空も飛べるはず」

私が「ギター経験ゼロ」の状態でギター教室に行った初日、先生からすすめられた曲が、「空も飛べるはず」でした。

大人はギター教室で、やりたい曲を習うことが多いのですが、私は「ド初心者」だったので、選曲は先生にお任せしました。

その先生が迷わずすぐに出してきたのがこの曲です。

「空も飛べるはず」イントロだけメロディ、他はコード

基礎もコードも何もかも知らなかったので、まずは弾き方を教わりました。

先生は、イントロだけメロディ、他はコードを弾くように教えてくれました。

それまで私は、普通の人、特に初心者は、コードしか弾かないものだと思っていました。

メロディや変わったものを弾くのはプロかすごい人だけ、と勝手に思い込んでいました。

だから、初日からイントロのメロディの弾き方を教えてもらったときは、びっくりしました。

「こんなこと、やってもいいんだ」という感じでした。

他の部分はもちろんコードです。

コードの押さえ方と8ビートのリズムを習いました。

TAB譜の読み方も少し教わりました。

楽譜の上に置いてあるヘッドホン

「空も飛べるはず」を1週間家で練習

「イントロだけメロディ、他はコードで弾く」というのを、家で1週間かけて練習しました。

そして、次のレッスンの時に先生に弾いてみせて、アドバイスをもらいました。

こんな感じで1曲目が終わりました(ちなみに、2曲目は、ゆずの「サヨナラバス」でした)。

≫ギター教室ってどんなところ?おすすめする理由

スポンサーリンク

「空も飛べるはず」が初心者の1曲目にふさわしい理由

当時は何も考えずに、ただひたすら練習していました。

でも今考えると、なぜ先生が迷わずこの曲を出してきたのか、なぜこの曲が初心者の一発目の練習曲に良いのか、理由がわかりました。

「空も飛べるはず」が初心者にふさわしい理由1:キーが「C」で、転調がない

おなじみの「ドレミファソラシド」が当てはまる「C」キーは、基本中の基本ですね。

転調がないので、最初から最後まで同じ「C」キーでいけます。

初心者には理解しやすく、弾きやすいです。

楽譜の上に置いてあるマウス

「空も飛べるはず」が初心者にふさわしい理由2:覚えるべきコードが勢ぞろい

「空も飛べるはず」に登場するコードは8種類、「C、Dm、Em、F、G、Am、FM7、Am7」です。

ギターをやる上で絶対覚えておきたいコードが勢ぞろいしています。

これだけ覚えれば、他の様々な曲に応用できます

とっても大事で便利なコードたちです。

「空も飛べるはず」が初心者にふさわしい理由3:テンポがちょうどいい

テンポが速すぎると、右手も左手もついていけません。

逆にテンポが遅すぎても快適に弾けません。

初心者はあまり音を伸ばせなくて、切れがちになるからです。

「空も飛べるはず」のテンポは、ちょうどよくて、基本の8ビートのコード弾きを、しっかり練習できます

楽譜とメトロノーム

「空も飛べるはず」が初心者にふさわしい理由4:イントロのメロディ弾きが、初心者でも挑戦できるレベル

イントロのメロディ弾き、楽勝というわけにはいきませんが、がんばればできるレベルです。

私は、譜面にあったハンマリングやスライド等の技術は使わずに、シンプルに「ドレミーミーレドシードーシラ…」と弾くように習いました。

開放弦もあって、「ギターらしいメロディ弾き」を練習することができます。

というわけで、この曲は、初心者にとって練習しやすく、しかも「役に立つ力」もつく曲だということがわかりました。

初めて練習する曲にとてもふさわしいといえます。

ギターのコードを押さえる手

「空も飛べるはず」完コピ目指すと難しい

ところで最近、改めてこの曲をコピーしてみました。

今回は、完コピ目指して、原曲に近くなるようにがんばってみました。

難しかったです!

アルペジオが多くて大変でした。

「空も飛べるはず」は、いろんな段階の人が楽しめる曲なんですね。

まずは、「初心者バージョン」で、練習してみましょう。

タイトルとURLをコピーしました