家族の目が気になって練習できないギター初心者、ギター主婦、ギターママへ

家族の目が気になってギターを弾けないアイキャッチ画像Guitar
スポンサーリンク

「ギターの習得、上達には練習が大事」…当たり前すぎるくらい、よく分かっています。

できることなら練習したい。

でも、いつも家に誰かいて、なかなか練習するタイミングがない、という方はいらっしゃいませんか?

また、以前は家族の外出中に練習していたけれど、最近在宅勤務やらオンライン授業やらで、いつも家族が在宅、なんだか練習できなくなった、という方もいらっしゃるのではないかと思います(私もこのパターンでした)。

この記事では、そのような「練習したいのに、家族がいて練習しづらい」という方が、少しでも練習する時間を得るためにできる工夫を書きました。

  • 家族がいてギターを練習しづらい方
  • 家で音を出してもいいか迷う方
  • ギター初心者、ギター主婦、ギターママ

などに読んでいただけたらうれしいです。

ギターを弾く女性の右手
スポンサーリンク

家族がいるとなぜギターを練習しづらいのか?

練習しづらい理由として考えられる主なものを3つ挙げてみました。

ギターを練習できない理由1:「うるさいのではないか?」

ギターは音が出るものです。

シンプルにそれがうるさいのではないか?と気にする場合です。

家族に気をつかってしまう、ということですね。

ギターを練習できない理由2:「恥ずかしい。聴かれたくない」

下手だから恥ずかしい、上達しないから恥ずかしい、技術や曲について家族に何か言われるのが面倒、ということが原因の場合もあります。

ギターを練習できない理由3:「ヒマそうに見られる」

あるギター好きの美容師さんが、私の髪をカットしながら、言っていました。

「ギター弾きたいけど、弾いていると、ヒマそうに見られるんですよね」

ギター弾いてるヒマがあるんだったら、手伝ってよ、みたいな展開になるそうです。

これはタイミングなど、他の問題もあるかもしれませんが、それにしてもやっぱり、大人のギターは、子供のピアノ練習のような「大歓迎」という位置づけではない、ということですね。

ピアノとその前に置いたギター
スポンサーリンク

家族がいてもギターを練習しやすくする工夫

上に挙げた理由以外にも、ギターを練習しづらい理由やいろいろあります。

だからといって、練習をあきらめてしまうのは悲しいです。

そこで、私は、少しでも練習しやすくなる工夫をしてみました。

工夫その1:やることを片付けたら、別室に入る

「やることを片付けたら」というのが大事です。

私の場合は、とりあえず夕食を出して、片づけを終えたらその日の仕事は終わり、何をやってもOKということにしています。

やることが終わり次第、家族のいない部屋に入ります

理想は「ひとりで部屋に入ってドアを閉める」ですが、難しいなら、ついたての後ろでも、家具のかげでも、とにかく自分から見えなければ、どこでもOKです。

たとえ、薄い扉を挟んで隣にみんながいたとしても、「見える」と「見えない」とでは大違いです。

小さい子がかくれんぼの時、顔だけ手で隠して、隠れた気になっているのと同じ状態ですが、自分から見えないというだけで、とっても落ち着き、練習に集中しやすくなります。

壁に立てかけてあるエレキギター

工夫その2:ギターを弾く時、ヘッドホンをつける

エレキギター限定の方法になりますが、ヘッドホンをつけると、自分の世界に入れます

自分に聴こえている音がとっても気持ちいいので、生音を出していることなど、気にならなくなります。

実際、その出ている生音は、家族にとっても、たいしてうるさくはないはずです。

「うるさいのでは?」と気にしていたのは、自分だけだった、と気づきます。

でも一応、いきなり初日から弾きまくるのではなく、様子を見ながら、少しずつ時間をのばしていきましょう(笑)。

黒いヘッドホン

なお、私が使っている「WAZA-AIR」というヘッドホン(ヘッドホン型ギターアンプ)はとても便利で、ハッピーな気分になれます。

あっという間に練習に取りかかれるので、時間がない方にピッタリです。

とってもいい音なので、練習がはかどります。

≫ WAZA-AIRをイケベ楽器で見る

詳しくはこちらの記事でご紹介していますので、よろしければお読みください。

工夫その3:「ギターを弾くヤバい母さん」を当たり前にする

「やることを片付けたら、こちらから見えない所へ行き(工夫その1)、ヘッドホンをつけて練習する(工夫その2)」というのは、言ってみれば、「無理やりやる」というのに近いです(笑)。

でもこれは、自分側が家族に気をつかわずにできる方法です。

夕食もちゃんと出しているし、片付けているので、苦情は来にくいと思います。

堂々とできるはずです。

あと、ヘッドホンをつけている人には、話しかけにくいですね(笑)。

声も大きくなっていて、ちょっとヤバそうです。

なお、夕食は、「ホットクック」を使うと、簡単に、おいしいものができます。

夕食がおいしいと、家族の満足度が上がり、ますます練習しやすくなります。

ホットクックに関しては、こちらの記事で詳しくご紹介しておりますので、ご興味のある方はご覧ください。

上記の方法で少し練習してみて、特に問題がなければ、徐々に時間をのばし、その習慣を続けます。

そして、1週間もすれば、夕食後はギターを弾くというのが、自分にとっても家族にとっても当たり前の光景になってきます

「ギターを弾くヤバい母さん」に認定されれば、こっちのものです(笑)。

弾きまくりましょう!

「うるさい」「恥ずかしい」「ヒマそう」など、どうでもよくなります。

楽しければOKです!

自分が楽しければ、家族にもやさしくなって、いいことづくめです。

スポンサーリンク

家族がいてもギターを練習する時間を確保しよう

もともと、自分一人で弾くためだけにギターを始めたわけではないはずです。

誰かに聴いてもらって更に楽しいギター。

堂々と練習しましょう

ステージで演奏するバンド

練習時間は人それぞれですが、30分もあればかなりのことができると思います(私は30分~1時間の日が多いです)。

忙しい日は5分でも。

いけそうな日は、夕食を前倒しすれば、練習時間を増やせますね。

いろいろ楽しんで「練習時間確保大作戦」をやってみてください。

なお、お子さんがまだ小さかったり、受験生がいたり、いろいろな状況があると思うので、その場合は、様子を見ながら、大事なことを優先してくださいね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました