バンドラボ(BandLab)トラックの「名前変更」「ダウンロード」「複製」「削除」「ミュート」のやり方

バンドラボトラック操作アイキャッチ画像BandLab
スポンサーリンク

バンドラボとは、オンラインで音楽制作ができるアプリです。

バンド活動や作曲など、いろいろなことを楽しめます。

バンドラボのアイコン

≫音楽制作アプリ「バンドラボ」とは

この記事では、スマホを使って、録音した演奏のトラックを操作する方法についてお伝えします。

具体的には、「トラック名の変更」「トラックのダウンロード」「トラックの複製」「トラックの削除」「トラックのミュート」のやり方について、ひとつひとつご説明します。

すべて同じ録音画面から、似たような方法で簡単にできます。

  • バンドラボをのトラック操作の方法について知りたい方
  • バンドラボをもっと便利に使いたい方

に読んでいただけるとうれしいです。

なお、演奏を録音する方法については、こちらの記事で詳しくご紹介しています。

スポンサーリンク

バンドラボのトラック操作画面

トラックを操作する時は、すべて録音画面のミックスビューから行います。

録音したものが色の帯で表されているこの画面がミックスビューです。

録音直後は、この画面になっています。

バンドラボの録音画面

もし、下のような画面(トラックビュー)になっていたら、右上の「x」をタップしてください。

上のミックスビューになります。

バンドラボの録音画面

また、すでに録音を保存している場合は、ホーム画面の右下の「音符が入ったフォルダマーク」をタップ→プロジェクト(曲)を選択してタップ→「開く」をタップすると、ミックスビューになります。

バンドラボのホーム画面
スポンサーリンク

バンドラボ:トラック名を変更する方法

演奏を録音すると、「1トラック」「2トラック」のように表示されます。

それをわかりやすい名前に変える方法です。

ミックスビューからミックスパネルに行く

左下の横スライダー(点が入った三)をタップします。

バンドラボの録音画面

ミックスパネルで「名前を変更する」を選択する

これがミックスパネルです。

「1トラック」の右にある「…」をタップします。

バンドラボの録音画面

「名前を変更する」をタップします。

バンドラボの録音画面

新しいトラック名を入力する

「1トラック」を消して、新しいトラック名を入力します。

グループでひとつの曲を作っている場合は、「ギター1(自分の名前)」というように、パート名と名前を入れるとわかりやすいです。

バンドラボの録音画面

新しいトラック名を保存する

「保存」をタップします。

バンドラボの録音画面

トラック名が変更されました。

もとのミックスビューに戻る場合は、左下の横スライダー(点が入った三)をタップします。

バンドラボの録音画面
スポンサーリンク

バンドラボ:トラックをダウンロードする方法

自分の演奏したものを、別のところに保存したい時、別の曲にも入れたい時など、トラックごとにダウンロードすることができます。

ミックスビューからミックスパネルに行く

左下の横スライダー(点が入った三)をタップします。

バンドラボの録音画面

ミックスパネルで「ダウンロード」を選択する

「1トラック」の右にある「…」をタップします。

バンドラボの録音画面

「ダウンロード」をタップします。

バンドラボの録音画面

ダウンロード先を選択する

下にアプリがいろいろ出てきます。

ダウンロード先を選んでタップします。

私はいつもグーグルドライブにダウンロードしています。

バンドラボの録音画面

バンドラボ:トラックを複製する方法

トラックを複製して、同じものをふたつにすることができます。

例えば、それぞれのトラックを改良して、比べていい方を残す、などという使い方ができます。

ミックスビューからミックスパネルに行く

左下の横スライダー(点が入った三)をタップします。

バンドラボの録音画面

ミックスパネルで「複製」を選択する

「1トラック」の右にある「…」をタップします。

バンドラボの録音画面

「複製」をタップします。

バンドラボの録音画面

同じトラックがふたつになりました。

バンドラボの録音画面

バンドラボ:トラックを削除する方法

仮で入れたガイドの原曲や、録音したものがいらなくなった時、トラックごと削除ができます。

ミックスビューからミックスパネルに行く

左下の横スライダー(点が入った三)をタップします。

バンドラボの録音画面

ミックスパネルで「削除」を選択する

「1トラック」の右にある「…」をタップします。

バンドラボの録音画面

「削除」をタップします。

いきなり消えるので、ちょっとびっくりするかもしれません。

もし間違って消してしまったとしても、左下の「戻る矢印」で、ひとつ前の状態に戻すことができます。

バンドラボの録音画面

バンドラボ:トラックをミュートする方法

トラックは、削除してしまわなくても、ミュートして、音が出ないようにすることもできます。

ミックスパネルで「ミュート」を選択する

トラックの左の「M」をタップします。

バンドラボの録音画面

トラックがグレーに変わり、ミュートされた状態になります。

もう一度タップすると、ミュートが解除され、元に戻ります。

バンドラボの録音画面

ちなみに、「M」の下にある「S」は「ソロ」、そのトラック以外を全部ミュートするというボタンです。

以上、トラックを操作する方法をいろいろご説明いたしました。

これらの方法を使って、バンドラボをより便利に、快適に楽しんでくださいね。

≫ バンドラボ:入門解説、アイコンの意味

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました