バンドラボ(BandLab)アプリのご紹介。スマホでもパソコンでも、無料、手軽にバンド活動

バンドラボご紹介アイキャッチ画像BandLab
スポンサーリンク

ネット上やオンラインでできる活動が増えてきました。

音楽活動もそうです。

なかなかバンドメンバーでスタジオに集まって練習できない時、スマホやパソコンを使ってバンド活動するのはいかがでしょうか?

この記事では、無料で手軽に音楽制作ができるアプリ「バンドラボ」をご紹介します。

具体的には、各パートがそれぞれ演奏を録音し、アプリ上で曲を合体させて仕上げるというものです。

このアプリはとても使い勝手がよく、完成した曲のクオリティも高いので、かなり楽しめます。

  • なかなかバンドメンバーで集まれない方
  • スマホやパソコンでバンド活動をしたい方
  • 自分たちの音楽作品を残したい方
  • 作曲やDTMをしたい方
  • ひとりで音楽制作をしたい方
  • バンドラボを使ってみたい方

に読んでいただけるとうれしいです。

イヤホンがついているスマホとタブレットとキーボード
スポンサーリンク

バンドラボとは?

バンドラボとは、スマホやパソコンを使って音楽制作ができるアプリです。

みんなで同時に演奏するのではなく、各パートがそれぞれ演奏、録音して、アプリ上で合体させ、曲を仕上げるというものです。

これがとても楽しめて、バンド活動にもとても役立つので、その特徴と、おすすめする理由をお伝えします。

なお、この記事でご紹介する「バンドラボ」は、検索するとよく出てくる「Cakewalk by BandLab」と名前がそっくりですが、全く別のものです。

この赤い「音符が入ったメトロノーム?」「三角フラスコ?」のようなマークが特徴の、バンドラボについてご紹介します。

バンドラボのアイコン
スポンサーリンク

バンドラボは手軽で使い方が簡単

バンドラボは操作がシンプルで、難しい知識は必要ありません。

録音ボタンを押し、演奏するだけで録音できます。

スマホのマイクで直接録音もできるし、ケーブルをつないでライン録音もできます

スマホとヘッドホン
スポンサーリンク

バンドラボはスマホもタブレットもパソコンも使える

iPhoneも、Androidスマホも、パソコンも使えます

私はいつもギターの演奏を録音するのに、iPhoneを使っています。

ギター→シールド→iRig→iPhoneだけでOKで、電源さえ要らないお手軽さです(iRigとは、iPhone用のオーディオインターフェースです)。

iPhoneとiRig
≫ iRigHD2 をイケベ楽器で見る

バンドラボは無料

利用するのに料金が一切かからないので、安心して思う存分楽しめます。

バンドラボはひとりでもみんなでも楽しめる

ひとりで全パート入れて、音楽制作をすることができます

また、みんなでひとつの曲を作ることもできます

みんなでやる場合は、メンバーそれぞれが自分のパートを録音して、重ねていきます。

音源を共有できるのでわかりやすく、だんだん曲ができていくのを楽しめます。

≫バンドラボ スマホでギターの演奏を録音する方法

バンドラボはインポートや打ち込みもできる

他のところで録音したものを入れられるので、例えば、スタジオで録音してきたドラムの音源を入れたり、ガイドのために原曲を入れたりできます。

また、アプリ上で打ち込みもできます。

打ち込みは、スマホ、パソコンのどちらでもできます。

例えば、不在のパートがあっても、打ち込みで作ることができます。

≫バンドラボ DTM 打ち込みを使う方法

音楽制作に役立つループ素材やMIDI楽器もいろいろ使えます。

≫バンドラボ DTM ルーパー、MIDI楽器を画面で演奏する方法

バンドラボにはエフェクトもたくさんある

バンドラボにはたくさんのエフェクトがあるので、気に入った音で録音できます

ギターをひずませたり、ボーカルにエコーをかけたり、いろいろなことができ、その割合も調節できます。

アプリ内にすでにあるプリセットのエフェクトから選んでそのまま使ってもいいですし、自分で組み合わせて音作りをすることもできます。

しかも、エフェクトは、録音した後からでも変更可能です。

後から音を変えたくなった場合も、演奏し直すことなく、簡単に調整できます。

≫バンドラボ ギターにエフェクトをかける方法

バンドラボの画面

バンドラボはたっぷり16トラックまで使える

実際に集まって演奏する時は、その人数分の音しか同時に出せませんが、バンドラボでは、音をたくさん重ねられます

ギターを何本も重ねたり、ボーカルがコーラスも入れたり、打ち込みで効果音みたいなものを追加したり、いろいろなことができるので、かなり豪華なものが出来上がります。

バンドラボで完成した曲は本格的

何度でも録音し直せるので、完成度が高くなります。

また、部分的にも直せます。

録音は手軽なのに、みんなの演奏を合体させて完成した曲はかなり本格的です。

スタジオに集まって演奏したみたいに聴こえます。

Gジャンの上に置いてあるピンクのスマホとヘッドホン

バンドラボで完成した曲をダウンロード、保存できる

完成した曲は、アプリを開けばいつでも聴くことができます。

また、ダウンロードして別のところに保存したり、転送したりもできます

作品をしっかり残せます。

バンドラボは都合のいい時に、都合のいい場所でできる

時間を決めて同時に演奏するのと違って、各自が都合のいい時に演奏、録音できるので、続けやすいです。

また、離れたところにいるメンバーとも気軽に遊べます

海外にいても参加できます。

ギターとキーボードを置いてある部屋

私のバンドラボの使い方

私は音楽サークルの仲間と、バンドラボで遊んでいます。

それぞれの人が、都合のいい時に、演奏して録音しています。

いろいろな曲のコピーをしたり、ループ素材を使ってフリーセッションみたいにアドリブを入れたり、自由にやっています。

直接会っているわけではないですが、コメントやチャットもできますし、「〇〇さんがベースを入れてくれた」「コーラスも入った」というように、だんだん曲が育っていくので、交流している実感があります。

しかも、その共同作業の結果を、ちゃんと作品として残せるのもうれしいです。

音源はみんなで共有しているので、「少しでも上手に演奏したい」、「少しでもこの作品の仕上がりに貢献したい」という気持ちが働き、モチベーションアップします。

自分なりに練習しようという気になります。

録音ではありますが、「発表の場」があるというのは、励みになります。

みんなの演奏を聴くのも楽しいです。

≫音楽サークルで音楽仲間を作ろう

バンドラボをやってみよう

とりあえず、自分ひとりで遊ぶだけでも楽しいので、バンドラボをやってみませんか?

アプリをインストールして、簡単な登録をしたら、すぐに始められます。

無料なので、ぜひ気軽にお試しくださいね。

≫バンドラボ アイコンの意味、初歩の使い方

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました