バンドラボ(BandLab)録音した演奏の音ズレを直す方法(スマホ)

バンドラボ音ズレを直すアイキャッチ画像BandLab
スポンサーリンク

オンラインで音楽制作ができる無料のアプリ「バンドラボ」は、バンド活動や作曲などに便利です。

ボーカル、ギター、ベース、ドラム、キーボードなどのパートをそれぞれ録音して、アプリ内で重ねて、曲を仕上げます。

≫音楽制作アプリ「バンドラボ」とは

バンドラボのアイコン

とても便利で楽しいバンドラボですが、たまに、演奏がズレて録音されることがあります

他のパートに対して、自分のパートだけが少し遅れている、または早すぎるという現象がたまに起こるのです。

他のパートの音を聴きながら録音したはずなのに、録音したものを聴くと、なぜか自分の音だけズレています。

テンポは合っていて、ただ位置がズレている感じです。

このズレは、別のところで録音したものをインポートした際にも発生することがあります。

でも、大丈夫です!

音ズレは簡単に直せます。

この記事では、そのような音ズレを、スマホで簡単に直す方法をご紹介します。

  • バンドラボに演奏を録音したらズレてしまった方
  • バンドラボのズレた録音を直したい方
  • バンドラボをもっと便利に使いたい方

に読んでいただけるとうれしいです。

なお、録音の仕方については、こちらの記事で詳しくご説明しています。

スポンサーリンク

バンドラボの音ズレを直す操作画面

音ズレを直す操作は、録音画面のミックスビューで行います。

この、録音したものが色の帯になっている画面がミックスビューです。

バンドラボの録音画面

もし、下のような画面(トラックビュー)になっていたら、右上の「x」をタップしてください。

上のミックスビューになります。

バンドラボの録音画面
スポンサーリンク

バンドラボの音ズレを直す操作1:ズレているトラックを指で動かす

トラックを指で動かして音ズレを直す方法です。

音ズレを直したいトラックを選択する

ズレているトラックを指でタップします(ここでは、ボーカルがズレていることにするので、黄色い部分をタップします)。

バンドラボの録音画面

選択したトラックを指で動かす

白い枠で囲まれました。

そのトラックを、指で左右に動かします

遅れている場合は前(左)へ、早すぎる場合は後ろ(右)へ動かします。

バンドラボの録音画面

音を再生して確認する

ボーカルのトラックを少し前に動かしました。

1メモリずつ動くようになっています。

1メモリ動かすごとに再生して(再生ボタンは下の白い右向き三角)、他のパートと合ったかどうか、確かめます。

合ったら、下の余白の黒い部分をタップします。

バンドラボの録音画面

操作完了

白い枠が消えて、操作完了です。

バンドラボの録音画面
スポンサーリンク

バンドラボの音ズレを直す操作2:音ズレが1メモリより小さい場合の直し方

そのままだと早い、でも1メモリ後ろに動かすと、今度は遅い、つまり、「音ズレが1メモリより小さい」場合があります。

その時は、「スナップ」を外せば直せます

ミックスビューから設定画面に入る

上の右から2番目「歯車マーク」をタップします。

バンドラボの録音画面

スナップを外す

設定画面になりました。

「グリッドにスナップ」の右にある青いボタンをタップして、オフにします。

バンドラボの録音調整画面

設定画面からミックスビューに戻る

「グリッドにスナップ」の右のマークがグレーに変わりました(オフの状態)。

先ほどの歯車マークの2つ左にある「長短の縦線マーク」をタップします。

バンドラボの録音調整画面

音ズレを直したいトラックを選択する

ミックスビューに戻りました。

ボーカルの黄色いトラックをタップします。

バンドラボの録音画面

選択したトラックを指で動かす

白い枠で囲まれました。

左右に少しずつ動かして、他のパートと合わせます。

今度はスナップが外れているので、1メモリずつではなく、スムーズに動きます。

バンドラボの録音画面

バンドラボの音ズレを直す操作3:前に動かしたいけれど、スキマがなくて動かせない場合

曲頭から録音が始まっている場合は、スキマがないので、前へ動かせません(録音時に他のパートを再生させてから録音ボタンを押すと、スキマができます)。

その場合は、録音の始まり部分を少し切り落とします

通常、録音ボタンを押した後で演奏を始めるので、録音開始部分(左端ギリギリ)には、音は入っていません。

少しぐらい切り落としても大丈夫です。

下の例で見ていきましょう。

全体を少し左に動かす

下の写真のボーカルは、曲頭から録音が始まっているので、これ以上前に動かせません。

まず、下の余白の黒い部分に指を当て、少しだけ左に動かします(曲を0.2秒くらい進ませた状態にします)。

バンドラボの録音画面

音ズレを直したいトラックを選択する

全体が少し左に動き、左上の数字が、「00:00.2」になりました。

直したいトラック(ここではボーカルの黄色い部分)をタップします。

バンドラボの録音画面

選択したトラックの左端を分裂させる

白い枠で囲まれました。

そして、トラックの上に記号が出ました。

いちばん右の「…」をタップします。

バンドラボの録音画面

いくつか言葉が出てきました。

いちばん上の「スライス」をタップします。

バンドラボの録音画面

分裂した左側の部分だけ選択する

トラックが、縦線を境に、ウインナーみたいにふたつに分裂しました。

左側部分(0.2秒間の薄い部分)をタップします。

バンドラボの録音画面

選択した左側部分だけ捨てる

タップした左側部分だけ、白い枠で囲まれました。

そして上に記号が出ました。

いちばん左の、「ゴミ箱マーク」をタップします。

バンドラボの録音画面

全体を右に動かし、元の位置に戻す

左側の部分だけ消えました。

下の余白の黒い部分に指を当て、右に少し動かします(左上の数字が00:00.0になるまで)。

バンドラボの録音画面

音ズレを直したいトラックを指で動かす

全体が少し右に動き、左上の数字が00:00.0に戻りました。

そして、ボーカルトラックの左側にスキマができました

これで、前方向(左)に動かすことができます。

あとは、上記の方法と同様に、ボーカルトラックをタップし、白い枠で囲まれたら、左方向に動かして、音ズレを直します。

バンドラボの録音画面

以上、バンドラボで録音した演奏がズレていた場合の直し方について、ご説明いたしました。

このように、音ズレは簡単に直せるので、どんどん録音を楽しみましょう!

≫ バンドラボ録音の裏ワザ。部分的に修正しやすくする複数トラック録音

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました