バンドラボ(BandLab)ライン録音の音が悪い、雑音が入る場合の対処法

バンドラボライン録音「音が悪い」「雑音」対処法アイキャッチ画像。BandLab
スポンサーリンク

バンドラボ(BandLab)にギターの演奏をライン録音していて、「あれ?音が変だ」ということはありませんか?

あるいは、以前はちゃんとした音だったのに、久しぶりにやったら音が悪くなった、ということはありませんか?

  • 歪みの音が騒音
  • ギターらしくない音
  • プリセットのエフェクトの音も変
  • 生音がやけに響く
  • 雑音が入る
  • 録音ボタンに触れる音も入る

などなど。

この原因は、もしかして設定の問題かもしれません。

この記事では、スマホのバンドラボにギターの演奏をライン録音(シールドとオーディオインターフェースをつないで録音)していて、音が悪い場合の対処法についてお伝えします。

具体的には、設定を変えて音を改善する方法で、もし該当していれば、一瞬で直すことができます。

  • スマホにギターの演奏をライン録音していて、音が悪い
  • 以前はまともだったが、久しぶりに録音したら変な音になっていた
  • 録音中、または録音したものに雑音が入る

方に読んでいただけたらうれしいです。

スポンサーリンク

バンドラボにライン録音した音が悪い時

バンドラボのアイコン

バンドラボは、無料で手軽に楽しめる音楽制作アプリです。

自分で演奏したギターの音も簡単に録音できて、かっこいいエフェクトまでかけられます。

≫ バンドラボ スマホでギターの演奏を録音する方法

≫ バンドラボ ギターにエフェクトをかける方法

ところが、その演奏の音が全然かっこよくない場合があります。

騒音のようだったり、機械音みたいだったり、生音がやけに響いたり。

プロがかっこよく作ってあるはずのプリセットのエフェクトも、さっぱりかっこよくありません。

変な雑音、話し声や、自分の呼吸の音などが入ることもあります。

演奏中も、録音したものも、両方とも音が悪いです。

もし、このような症状に当てはまる場合は、以下の設定を確認してみてください。

スポンサーリンク

ライン録音の音が悪い時に変える設定

録音画面から設定画面に行く

これは録音画面です。

上部にある歯車マークをタップします。

バンドラボの録音画面。

設定画面で下の方に行く

設定画面に入りました。

下の方に行きます。

バンドラボの設定画面。

「入力デバイス」を確認する

「入力デバイス」という項目が出てきました。

今は「iPhoneマイク」が選択されています。

このようになっていると、マイクでよけいな音を拾ってしまうので、直さなければいけません。

「入力デバイス」をタップします。

バンドラボの設定画面。

「入力デバイス」を変更する

「iPhoneマイク」の下に、接続されているオーディオインターフェースの名前が出てきます(接続していないときは出てきません)。

ここでは「iRig HD2」を使っているので、それを選択します(上に少しスライドして真ん中に表示させます)。

バンドラボの設定画面。

もとの録音画面に戻る

「iRig HD2」が選択され、濃い文字になりました。

元の録音画面に戻る時は、上部の縦線ボタンをタップします。

バンドラボの設定画面。
スポンサーリンク

良い音でライン録音を楽しみましょう

設定変更の操作は以上です。

入力デバイスがマイクになっていて、それをオーディオインターフェースに変更した方は、明らかに良い音になるはずです。

演奏中も良い音で気持ちよく録音できて、録音したものを聴いても良い音になっています。

更にエフェクトを活用して、ギターらしい、かっこいい音を楽しんでください。

≫ バンドラボ ギターにエフェクトをかける方法

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました