ギターピックが回転、ずれる、滑る、落とす方へ。100均の材料で作る最強滑り止め

滑らないピックアイキャッチ画像Guitar
スポンサーリンク

「ギターを弾いている時、ピックがどんどんズレていってしまう」、「すぐ落とす」などで困っている方はいらっしゃいませんか?

各種滑り止め付きピックが売られているのを見ると、そういう方は意外と多いのではないかと思います。

私もそうでした。

もともと指先が乾燥しやすかったのですが、年を重ねるごとに、ますますカサカサになってきました。

スーパーでレジ袋を開けられない(今はエコバッグですが)、肉や魚を買ってビニール袋に入れようと思っても開けられない、雑誌のページもめくりにくい、などなど。

冬が特にダメです。

そんな状態なので、ギターのピックを持つことはできるけれど、弦に当たるとすぐに回転してしまい、落としてしまいます。

5秒で落としてしまう、重症の指先カサカサ人間でした。

でも、ピックを改良した結果、今では大丈夫になりました。

ピックを滑らないようにしたおかげで、思い通りに動かせるようになりました

この記事では、今まで試してきたピックとその感想、そして、最終的にたどり着いた現在のピック(具体的には手持ちのピックを改良する方法)についてお伝えします。

  • 指が乾燥している方
  • ピックがすぐ回転してしまい、ギターを弾きづらい方
  • 演奏中にピックをよく落としてしまう方
  • ピックが滑ってコントロールできない方
  • 市販の滑り止め付きピックでは効果がない方

に読んでいただけるとうれしいです。

スポンサーリンク

市販の滑り止め付きピックでは効果なしの乾燥肌

市販の滑り止め付きピックには、いろいろなタイプのものがあります。

例えば、小さな突起がたくさんついているもの、やすりみたいな滑り止めがついているもの、文字や絵が滑り止めの役割になっているもの、などなど。

いろんなタイプのものを買って、何種類も使ってみました。

でも、私にはどれも効果はいまひとつでした。

よほど指先の乾燥がすごいのでしょう。

落とさないように一生懸命、ガチガチに力を入れてギターを弾く日々が続きました。

ギターピック3種
スポンサーリンク

ギターピックの滑り止め…セロテープを貼ってみた

市販のピックではまだまだ滑ってしまうので、次の作戦に移りました。

ちょっと強引ですが、セロテープを使う方法です。

セロテープを外巻きに巻いて、ピックにペタッと貼り、それを親指側にして持ちます。

指にぴったりくっ付くと自由が利かなくなるので、わざと粘着力を弱めてから貼っていました。

この方法は、「落としにくい」という点ではなかなかよかったです。

手品みたいに指に貼りついています。

しかし、セロテープはゴミをくっつけやすい上、よれたりくっつかなくなったりして長持ちしないので、しょっちゅう貼り変えなくてはならず、面倒でした。

「ちょっと休憩」という時、ギターにペタッと貼っておけるのはよかったです(笑)。

巻いたセロテープが貼られているギターピック
スポンサーリンク

最強の滑り止めを発見!ピック+指サック

まだこれぞというのがないまま、不便を感じながら練習していたある日、急にひらめきました!

この100均の指サックをピックにかぶせてみたら、どうなる?

シリコン製指サック3種

こんな感じになりました。

試しに弾いてみると、超快適!ズレない!滑らない!落とさない!

セロテープと違って、自由も利きます。

この絶妙なクッション性で、持ちやすさもいい感じです。

指サックがかぶせられているギターピック

このままでも十分いいのですが、見た目が「おもちがふくらんだ」みたいな形なので、それを改善するため、指サックの先を切って逆さまにしてはめる、この形に落ち着きました。

切った指サックがはめられているギターピック

指サックをはめたギターピックの持ち方、使い方

持ち方、使い方は普通のピックと全く同じです。

とても快適に使えます。

デメリットは、ピックスクラッチをやれる範囲が限られることぐらいでしょうか。

でも、その範囲でやれば、特に問題なくできます。

端が切れてきたり、ゆるんできたりしたら、指サックを交換しますが、うれしいことに、けっこう長持ちします。

弾き方やピックの強さにもよりますが、ピックを1枚消耗する間に、指サックを1、2回取り換える程度で済んでいます。

≫ Dunlopピック をイケベ楽器で見る

私はティアドロップ型の硬いピックが好きですが、どんなタイプのピックでもこの方法は使えます。

指サックは伸縮性があり、種類もいろいろありますので。

きれいで使い勝手の良いシリコン製がおすすめです。

指サックが入った袋3個

指が乾燥していても大丈夫!ずっとこの滑り止めピック一筋

この最強ピックを使うようになってから、練習がはかどり、ギターが格段に上達しました

指は相変わらず1年中乾燥していますが、特にひどい冬でも、全く心配なしです。

ピックを落とさないように気を遣うストレスがなく、弾くことに集中できるのがうれしい!

弾いている最中に指サックがピックから外れることもありません。

もう、これを考えた2012年から、ずーっとこのピック一筋です。

「ピックがズレる。ピックを落とす」で悩んでいる方は、ぜひこの方法を試してみてくださいね!

ピックを変えたことによりギターが上達したことにつきましては、こちらの記事でご紹介しておりますので、ご興味のある方はご覧ください。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました