ライブ、コンサートに何を持っていく?参戦初心者の方へ。持ち物編

コンサート参戦持ち物リストアイキャッチ画像Concert
スポンサーリンク

アーティストと一緒に夢のような時間を過ごせるコンサートは、最高に幸せで貴重な体験です。

行くと決まった日から、当日がとっても待ち遠しいですね。

この記事では、ライブ、コンサート当日に会場に持っていく「持ち物」についてお伝えします。

そのすばらしい時間を迎えるために絶対必要なもの、更に快適に楽しむために役立つものについて、具体的にお話しします。

  • コンサート参戦初心者の方
  • コンサートに何を持っていったらいいかわからない方
  • コンサートに行くのに忘れ物をしたくない方
  • コンサート当日を快適に楽しみたい方

に読んでいただけるとうれしいです。

ライトアップされているコンサートステージと大勢の観客

なお、コンサートに行く時の服装につきましては、こちらの記事でお伝えしておりますので、よろしければご覧ください。

また、ここでお話しするコンサートのジャンルは、主にロックやJポップです。

そのジャンルのコンサートに行く初心者の方の参考になるとうれしいです。

スポンサーリンク

ライブ、コンサート持ち物:荷物、バッグはコンパクトに

コンサートを快適に楽しむためには、荷物は小さい方がいいです。

アリーナ席でもスタンド席でも、ひとりひとりのスペースは、椅子1個分です。

椅子が階段状に何列も並んでいるホール

自分の席に座っていると、後から来る人、トイレに行く人など、いろんな人が前を通ります。

自分の前に大きな荷物を置くと、そこを通る人の邪魔になってしまいます。

そのたびに荷物をどかすことになったり、「すみません」と言ったり、大変です。

荷物が小さいと椅子の下に置けるので(椅子の形にもよりますが)便利です。

自分の足元も広くなり、コンサート中も快適です。

また、フェスなど、席がないタイプのコンサートでは、なおさら荷物の小ささが大事になってきます。

常に大荷物を運び続けると、疲れてしまいます。

余計なものは持っていかず、荷物は小さめ、コンパクトに、を心掛けましょう。

スポンサーリンク

ライブ、コンサート持ち物:必需品

ではここから、実際に持っていくものについてご説明します。

コンサートに行くために、絶対に忘れてはならない持ち物があります。

コンサートの必需品1:チケット(紙チケットまたはスマホの電子チケット)

コンサートでいちばん大事な持ち物は、チケットです。

当たり前ですが、チケットがないと、どんな理由があろうとも、会場に入れません。

紙チケットでも電子チケットでも同様です。

チケットの入手の仕方は、コンサートによって違うので、しっかり確認しましょう。

最近はほとんどが電子チケットになってきました。

同行者がいる場合は事前に分配を済ませておきましょう。

そして、電子チケットのアプリがうまく作動するか、確認しておきましょう。

たまに会場でアプリがうまく開けない、チケットを表示できない、などのトラブルが起こることがあります。

そんな時は慌てずに係員に話して、相談窓口に行きましょう(スマホの再起動でうまくいく場合もあります)。

「時間の余裕」と「スマホが充電されていること」がとても大事です。

チケットを両手で持っている人

なお、コンサートチケットの取り方については、こちらの記事で詳しくご紹介しておりますので、よろしければご覧ください。

コンサートの必需品2:身分証明書

身分証明書(免許証等)で本人確認をするコンサートも増えてきました。

私の知り合いで、身分証明書を忘れて会場に入れなかった人がいます。

やっとのことでチケットが取れたのに、その日を心待ちにしていたのに、会場の目の前まで来ているのに、仲間は会場に入っていったのに…悲しすぎます。

チケット代も返ってこなくて、ものすごく残念な思いをしたそうです。

身分証明書の種類も、「これはいいけど、これはダメ」など条件があるので、事前にしっかり確認しておきましょう。

身分証明書の提示が必要ないコンサートもあります。

代表者だけ必要という場合もあります。

しかし、「本当は必要なのに、その説明を見落としていた」となったら大変なので、私はいつも、免許証を持っていきます。

チケット(または電子チケット)と身分証明書をセットで取り出しやすくしておきます。

コンサートの必需品(コンサートによって違う)3:My SOS、COCOAなどのアプリ

コンサートによっては、会場入り口で「My SOS」「COCOA」などのアプリを確認される場合があります(スマホの画面を提示)。

アプリ提示が必要か、またどのアプリかは、コンサートによって違いますが、事前にメールなどでアナウンスがあるので、指示に従いましょう。

必要な場合、アプリのインストールだけではなく、登録、起動させた状態を見せることが多いので、当日入り口で慌てないよう、準備しておくことが大事です。

私は今まで数多くのコンサートに行きましたが、「チケットと身分証明書、時々My SOSなどのアプリ」以外に必須だったものはありません。

しかし、コンサートによっては、何か別のものが必要ということも、もしかしてあるかもしれません。

チケットやメールなどに書かれている注意事項をしっかり読んで、大事なことはメモしておきましょう。

スポンサーリンク

ライブ、コンサート持ち物:持っていったら楽しいもの

必需品でなくても、持っていくことにより、コンサートが何倍も楽しくなるというものがあります。

コンサートに持っていったら楽しいもの1:ツアーグッズ

事前にネットで、Tシャツ、タオルなどのツアーグッズ、応援グッズを買っていた場合は、ぜひ持っていきましょう。

着るものなら、もちろん家から着て行ってもOKです。

グッズを使うことで、コンサート気分が盛り上がり、何倍も楽しくなります。

当日、会場のグッズ売り場で買う場合は、混んで時間がかかることも多いので、早めに行きましょう

なお、ペンライトなどの応援グッズの持ち込みが禁止されているコンサートもあります。

また、そのツアー用として売られているもの以外は不可という場合がありますので、事前に確認しておきましょう。

コンサートに持っていったら楽しいもの2:双眼鏡

コンサートに行っても、アーティストがよく見えないことがあります。

特に大きい会場の場合は「豆つぶ」のようです。

せっかく行くのなら、双眼鏡を使って、しっかり見てきましょう

私にとって双眼鏡は、「持っていったら楽しいもの」を超えて「必需品」です。

当然ながら、倍率が大きい方がしっかり見えます。

ちょっとしたオペラグラスなどでも、ないよりはいいですが、倍率の高い双眼鏡と比べてみると、その見え方の違いに驚くはずです。

黒い双眼鏡

アーティストの表情、衣装などはもちろん、ステージのセット、バンドメンバー、ダンサーなど、いくらでも見たいものはあります。

大きい会場では、よく巨大モニターにステージの様子などが映し出されますが、遠い場合は、それさえ双眼鏡で見ることがあります。

また、コンサート開始前など、客席の前の方に有名人が来ていないかなーなどと探してみたりします。

見つけたことはありませんが(笑)。

たまに双眼鏡をレンタルしている会場もありますが、料金がけっこう高いですし、返却などの手間も発生します。

自分用のものを買っておくと何度でも使えるのでお得です。

とにかく、「あるのとないのとでは、楽しめる内容が大違い」という双眼鏡ですが、注意点もあります。

双眼鏡ばかりのぞいていると、気持ちが悪くなり、なかなか回復できなくなることもあります。

気を付けましょう。

また、双眼鏡に集中すると、応援したり拍手をしたりすることがおろそかになりがちです。

基本、しっかり自分の目で見て、そこにアーティストがいるという「ライブ感」を肌で感じながら、ときどきピンポイントで双眼鏡を楽しむ、というスタイルがちょうどいいです。

ライトアップされているステージと観客

なお、まれに「双眼鏡禁止」とされているコンサートがあるようです(私は今まで経験したことがありませんが)。

その場合はルールに従いましょう。

ライブ、コンサート持ち物:持っていくと便利なもの

持っていくことにより、コンサートが快適になるというものがあります。

コンサートに持っていくと便利なもの1:大きめの手さげ

コンサート会場に入ると、チラシやパンフレットが配られることがあります。

それが何種類もあったりして、けっこうごちゃごちゃします。

入り口でチケットや身分証明書の確認、バッグを開けて荷物検査を受け、やっと中に入れたと思ったら、チラシがバーッとくるので、手がふさがって快適ではありません。

会場内で自分の席を探すために、チケットはそのまま手に持っている必要があるので、もらったチラシ類は手さげの中に入れてしまうとスッキリ、快適です。

※荷物検査やチラシ配布がないコンサートもたくさんあります。

白い布製の手提げ袋

また、先ほどもちょっと触れましたが、自分の荷物は座席の下に置くことが多いです。

バッグを直接置くよりも、手さげに入れて、まとめてから置く方が散らかりません。

上着がある時はなおさらです。

防犯上も少し安心です。

また、直置きで汚れても、手さげだけ洗えばいいので簡単です。

手さげは、当日グッズ売り場で買い物をする場合にも役立ちますね。

手さげの種類は、かさばらないエコバッグなどが便利です。

手さげ自体が荷物になってしまったら本末転倒なので。

コンサートに持っていくと便利なもの2:温度調節できるもの

コンサート会場はいつも快適とは限りません。

温度調節のためにはおるものや、外の会場で天気が悪そうな場合のレインコートなど、あったほうがいい場合もあります。

暑かったら脱げる格好をしておくのも大事です。

≫ ライブ、コンサートに何を着ていく?参戦服おすすめ

ライブ、コンサート持ち物:持っていかないもの

コンサートには、持っていったらダメなものがあります。

カメラや録音機器など、禁止されているものを持っていると会場に入れません

途中で見つかった場合は退場させられます。

そのようなものは絶対に持っていかないようにしましょう。

また、貴重品、大金なども持っていかない方が無難です。

私の友達は、現金もカードもたっぷり入った財布を東京ドームで落としました。

運よく翌日戻ってきましたが、かなり珍しいケースと言えるでしょう。

貴重品や大金を持っていると、気になって目の前のコンサートに集中できないかもしれません。

例えば「小さい財布にカード1枚、現金少し」という感じでいいと思います。

ライブ、コンサート「持ち物リスト」を作ろう

この記事でご紹介したもの以外にも、個人個人で必要なもの、いつも持ち歩くものがあると思います。

自分用の「持ち物リスト」(簡単なメモでOK)を作って、ワクワクしながら当日を迎えましょう。

コンサートを最大限楽しむためには、「知っている曲を増やしていく」ということもとても大事です。

それについてはこちらの記事でお伝えしています。

≫ Official髭男dismライブレポート 埼玉2022

≫ Mr.Childrenライブレポート 東京2022

≫ L’Arc~en~Cielライブレポート 東京2022

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

音楽・ライブもたくさん!!

タイトルとURLをコピーしました