ライブ、コンサートに何を着ていく?参戦初心者男性、女性の方へ。服装編

コンサート参戦服おすすめアイキャッチ画像Concert
スポンサーリンク

「ついにチケットを手に入れて、コンサートに行く予定が決まった!とっても楽しみ!でも、何を着ていったらいいかわからない」という方へ。

コンサート大好きな私が、今までの経験をもとに、コンサートを快適に楽しむための服装について、まとめてみました。

ライトアップされているステージと手を挙げている大勢の観客

私は今まで、たくさんのコンサートを見に行きました。

そして、いろいろな会場で、多くのお客さんの格好を見てきました。

その経験をもとに、コンサートに行く時の服装を、大きく4つのグループに分類してみました。

この記事では、それぞれのグループがどんな服装なのか、具体的にお伝えします。

また、自分も実際いろんなものを着て行って、うまくいったり、失敗したりしているので、その経験から、おすすめや気を付けるべきことについてお話しします。

  • コンサート参戦初心者の方
  • コンサートに何を着ていったらいいかわからない方
  • コンサートを快適に楽しみたい方

に読んでいただけたらうれしいです。

なお、この記事でのコンサートのジャンルは、主に「ロックやJポップ」です。

そのジャンルのコンサートに行く初心者の方がご参考にしてくださればうれしいです。

また、コンサート当日持っていくものに関しては、こちらの記事でご紹介しておりますので、よろしければご覧ください。

スポンサーリンク

コンサートに行く時の服装、参戦服:特徴別4グループ

コンサートに行く時の服装を、特徴別に大きく4グループに分けてみました。

簡単な順に、Aグループ、Bグループ、Cグループ、Dグループです。

順番にご説明します。

コンサート参戦服Aグループ:何でもよい

いきなり「何でもよい」となって拍子抜けするかもしれませんが、実際、コンサートに行く時の服装は、何でも大丈夫です。

ほとんどの場合、決まりはありません。

以前GACKTさんが「次のコンサートには制服着てこい!」と言っていたことがありましたが、そういう服装指定のあるコンサートはとても少ないです。

その場合はちゃんと前もってアナウンスがあるので、それに従えばいいです。

服装指定のない通常のコンサートには、何を着て行っても大丈夫です。

コンサートが始まる前のステージとたくさんの観客

実際、コンサートに行くと、いろいろな服装の人がいます。

バッチリ決めている人、普段着っぽい人、会社帰りみたいな人など、実にさまざまです。

「これを着て行ったら変かなあ?」「浮かないかなあ?」と心配する必要はありません

でも、これでは物足りない、もっとそれっぽくしたい、という方は、次のBグループです。

コンサート参戦服Bグループ:ツアーグッズを身につける

そのコンサートのツアーTシャツを着る、または、ツアータオルを首にかけると、一気にそれっぽくなります。

気分もぐんと上がります。

コンサートのツアーTシャツ

グッズを買うことも、コンサートの楽しみのひとつですね。

前もってネットで買える場合もあります。

当日グッズ売り場で買う場合は、混んでいてとても時間がかかることがあるので、早めに会場に行ってくださいね(当日販売がないコンサートもあります)。

グッズは、Tシャツ、タオル以外にもいろいろ売られています。

グッズを身につければ、他はジーンズでもスカートでも、何でもOKです。

会場にバッチリなじみます。

タオルを振り回すのがお決まりのコンサートの場合は、タオルがあると「参加してる感」が上がり、楽しいです。

でも、全員やっているわけではないので、入手できなくても気にすることはありません。

コンサートのツアータオル

ツアーグッズは、その時のコンサートのものを使うのが基本になりますが、わざと昔のグッズを持っていく人もいます。

サザンのコンサートでは、何十年も前のコンサートのツアーTシャツを着て、「ファン歴の長さ」をアピールしている人たちもけっこういました。

コンサート参戦服Cグループ:テーマに合った服装をする

「テーマに合った服装をする」というのも、Bグループと同様、コンサート気分がぐんと上がるのでおすすめです。

クリスマスのコンサートに行ったときは、たくさんのサンタさんがいて、会場の雰囲気が明るくなりました。

ハロウィーンのコンサートも、ぜひそれっぽくしたいですね。

もしコンサートにテーマがあるのなら、それに合った服装を考えてみると楽しいです。

同じシリーズのコンサートをすでにやっている場合もあるので、過去の映像があったら参考にするとよいでしょう。

また、アーティストの特徴がそのままテーマになっている場合も同様です。

例えばL’Arc~en~Cielと言えば「虹」です。

虹色のもの(服、靴、バッグ、アクセサリー、マスク、スカーフなど何でも)を何か身に着ければ、もうバッチリ「コンサートのテーマに合っている人」になれます。

≫ L’Arc~en~Ciel ライブレポート 2021.12.4,5埼玉

≫ L’Arc~en~Ciel ライブレポート 2022.5.22東京

コンサート参戦服Dグループ:アーティストになりきる

一気にハードルが上がってしまいました(笑)。

コンサート会場でパッと目をひくのが、アーティストのコスプレの方々です。

X JAPANのコンサート会場には、すごい人たちがたくさんいます(私が行ったのはフェス形式のコンサートだったので、より多かったのかもしれません)。

見ているだけで楽しいです。

hideさん率高いです。

一緒に写真を撮ってくれる人もたくさんいて、あちこちに列ができていました。

GACKTさんのコンサートに行くと、GACKTさんになりきっているかっこいいお兄さん、お姉さんたちがいます。

気合が入っています。

L’Arc~en~Cielのコンサートでは、hydeさんを目指している人が、年齢性別問わずたくさんいます。

ほぼステージ衣装という人もいます。

TMレボリューションの時には、あの「黒いガムテープを巻いたような衣装」の人が複数いました。

さすがです!

こんな感じで会場を盛り上げるアーティストのコスプレ、もし勇気があったら挑戦してみてはいかがでしょうか?

ただし、すべてのコンサートにそのような人がいるわけではないので、初回は「Aグループ」「Bグループ」「Cグループ」の格好で参加し、様子を見るのが無難です(笑)。

スポンサーリンク

コンサートに行く時の服装、参戦服:おすすめアイテム

コンサートを快適に楽しむための、おすすめの格好をご紹介します。

コンサートに行く格好おすすめ1:靴はスニーカーがおすすめ

現実的には、服装は「Aグループ」か「Bグループ」か「Cグループ」ということになりますが、靴に関しては、「履きなれたスニーカー」がおすすめです。

コンサートは、とにかく立っている時間が長いです。

会場に入るまで、コンサート中(座ることもありますが)、会場を出るまで、行き帰りも含めると、相当長い時間、立ったり歩いたりします。

また、コンサートによっては、飛んだり跳ねたりすることもあります。

ラクな靴がいちばんです。

足が痛いと楽しめません。

サンダルでラクなものもあるかもしれませんが、人に踏まれたらいやです。

私は以前、すごくラクだと思っていたカジュアルシューズをはいてコンサートに行ったことがあるのですが、やっぱりスニーカーとは全然違いました。

長時間立っていたら、後半足が痛くなってしまいました。

痛くなると、ステージのパフォーマンスに集中していられなくなります。

やっぱりスニーカーがいちばんです。

スニーカーを履いて立っている4人の足

コンサートに行く格好おすすめ2:温度調節できる服装がおすすめ

会場が暑いか寒いかは、行ってみないとわかりません。

外で待つ時間が意外と長いかもしれません。

日が照っているかもしれません。

意外とひんやりしているかもしれません。

盛り上がってくると暑くなるかもしれません。

行く時暑くて帰りは寒いかもしれません。

コンサートを快適に楽しむために、簡単に脱ぎ着できる「温度調節できる服装」がおすすめです。

ちなみに、ツアータオルを首にかけると、けっこう暑い(冬は暖かい)です。

スポンサーリンク

コンサートに行く時の服装、参戦服:要注意、おすすめしないもの、NG

コンサートに行く格好として要注意のもの、おすすめしないものがあります。

コンサートに行く格好NG1:トイレが大変な服装はNG

そんなにひんぱんにトイレに行かないにしても、行ったときは「スピード勝負」です。

コンサート会場のトイレはだいたい混んでいて、特に女性のトイレは長蛇の列です。

時間ギリギリになることもよくあります。

本編とアンコールの間に行こうとして「走らないでください!」と注意されている人もたくさんいます。

そんな時、脱ぎ着に手間取る服や、押さえているのが難しい服だったら大変ですよね。

また、会場によっては、仮設トイレを使う場面があるかもしれません。

中が狭くて、難易度が高いですね。

「トイレが大変な服装」は避けましょう

コンサートに行く格好NG2:頭を盛る(髪型、帽子等)のはNG

いくらおしゃれをしてもいいのですが、頭が大きくなってしまうと、後ろの人が見えません。

もともと身長が高い人の場合は、後ろの人はあきらめますが、わざわざ盛って大きくなってしまった場合は、あきらめきれず、残念な気持ちが強くなってしまいます。

紙吹雪が舞うコンサート会場と大勢の観客

髪型、帽子等、後ろの人の迷惑にならないか、気を付けましょう

コンサートに行く格好NG3:暑くても脱げない格好はNG

先ほど「温度調節できる服装」の所でも触れましたが、コンサート中に暑くなることはよくあります。

そんな時脱げない格好をしていたら大変です。

脱げない格好の例(NG)

  • × セーターの下にババシャツ
  • × トレーナーの下に下着のランニングシャツ
  • × 厚手のワンピース
  • × 重ね着のいちばん上がワンピース
  • × 下着代わりのTシャツが超ダサい

服装は「もし暑くなったら脱げるか?」も考えて選びましょう

コンサートに行く時の服装、参戦服:楽な服装、靴がいちばん

コンサートは体力を使うので、最初から最後まで楽しむためには、疲れない格好をすることがいちばん大事です。

ラクな服、ラクな靴が基本です。

余裕があれば、それにツアーグッズやテーマに合うアイテムをプラスして、気分を盛り上げましょう!

≫ コンサートを最大限楽しむための工夫

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

音楽・ライブもたくさん!!

タイトルとURLをコピーしました